交通事故に合って新車を購入して良かった事

以前まではホンダの軽自動車であるLIFEに乗っていました。平成12年式で古い車ではありましたが、走行距離2万5千kmと少なく燃費も14.0km/Lと走るための車には最適で満足していました。冬の朝に狭い道を走行中に点滅信号に差し掛かりました。私の進む方向は黄色の点滅信号で交差点内を直進していた際に、右側からトヨタのサーフが直進して私のLIFEの右側から衝突する形となりました。幸い私には怪我などはありませんでしたが、LIFEの方は右側が凹みとても運転できる状態ではありませんでした。修理業者の方に見て頂いた所、修理は不可能で廃車を勧められました。仕事の関係ですぐにでも車が必要であった私は、中古車販売店に訪問したりネットで探索する毎日が続いていました。中古車でも100万を超える車がほとんどで、とても高く感じていました。ある時友人から新車の方がいいという話をされて、自分の中で新車で購入するという考えがなかったためとても意外な発想でした。とりあえず見積もりや車乗だけさせてもらう感覚でディーラーに行きましたが、新車の車乗は何から何まで満足する形でした。当時人気であったホンダのVESELに車乗しましたが、一目惚れで300万を超える車でしたが即購入する形となりました。中古車で内装や外装で迷っている位なら新車で好きな車を購入した方がいいという事に気付けました。今ではとても満足しています。

僕が今の愛車を購入するまでの行動

僕の今の車はプリウスの2.0です。年式は17年でもう10年落ちの車です。僕はこの車を購入するためのことをお伝え致します。5年前の事になります。僕はまだ車を持っていなく、初めて車を購入したいと思いはじめました。その時、丁度、ハイブリッドのCMがかなり多く宣伝されており、観ない日はないほどでした。その時の現行型は3.0で僕は3.0の見積もりを出してもらうことにしたのですが、なんと中古で160万ほどでした。しかも過走行でした。当時の僕は正社員でもなかったので手が出せない金額です。しかし、それでもどうしてもハイブリッド車に乗りたくてランクを下げて2.0で検討してみました。すると2.0は中古で100万円ほどで、車屋さんに話を通して値引き交渉をすると10万を差し引いてくれてその分さらにオプションをつけてくれるとのことになり即決しました。本当は3.0を欲しかった僕ですが、今は2.0を自分なりに改造してオリジナルの車になっているので凄い愛着のある大好きな車になりました。
ハイエースバン 買取

初めての高級車の購入に心がはずむ

中古車の購入は何度かありましたが、初めて新車購入をし、なおかつ高級外車を購入した時の話です。
 国産車の大した事の無い車でディーラーに行き家族で車を物色していても、「どうぞご自由に見てください」としか言われない。おそらく冷やかしだと思われていると私は思い、「すみません、これ今ここで現金で一括で買ったらいつ納車になります?」といきなり受付の女性に言いました。「現金ですか?少々おまちください。」と言い背の低いポッチャリとした年輩の男性が名刺をもって来ました。名刺には支店長と書いており、私は心の中でこの人お金持ってるんだって思われたと思いました。
私は支店長の名刺を受け取り嫌みのように「古い国産車乗ってるから売ってくれないかと思いましたよー」と笑いながら話したところ「すみませ、なにか失礼な事なかったでしょうか?」と言われました。色々話を聞き、オプションや値段交渉などを終え私は「現金をこれからおろしてきますので」といって銀行に行現金を下ろして支払いに行きました。帰りに営業マンや色んなスタッフの方々が出てきて挨拶されビックリしました。
今もその車を乗っていますが、ディーラーの方々が今でもすべてのメンテナンスやタイヤ交換もやってくれています。