人生初めての車購入についての体験談

私は幼い頃から車が大好きでした。早く自分の車が欲しいと思い始めたのもまだ免許を取れる年齢に達してない時で、いつも考えるのはどんな車を買って乗ろうかなーとか、その為にはいくらお金を貯めればいいのかなど憧れと野望に燃えておりました。そしてやっと免許が取れ社会人となり働き始め、念願の車を買えるほど貯金ができたので早速インターネットなどでどんな車が売ってるのか調べ始めました。調べ始めて1か月後に絞りに絞り出来る限り車の状態も良くて値段もそんなに高くない中古車に決まりました。
そして、その車の販売してるお店に後日向かい実物を確認させてもらいました。やはり中古車なのでボディの至る所に細かな傷がありましたが本当に近づかないと分からないレベルだったので妥協もしながらも購入手続きを致しました。それから何日か過ぎ納車日を迎え車を取りに行きました。お店の店員さんとのお話で車の乗るにあたっての諸注意や今後のアフターケアについて分かりやすく説明してもらえたので困ることなく車を購入することが出来たのでとてもよかったです。今でも大切にその車を乗らせてもらってます。

中古車の新車にはない味わいにほれ込んで

私は初めて車を購入する際に、ぶつけてしまうのが怖いと言うのが一番あり中古車を購入しようと考えました。
新車の方が新しい機能が多く、バックモニターなど安全性に優れたものが多いため、新車も見てみたのですが、運転技術に自信もないし、いまいちピンとくる車に出会えませんでした。
そんなある日、中古車情報をネットで調べていた所、年式は古いのですが比較的走行距離が短く、フル装備で事故歴もないのに割安な車を見つけました。
新車ではもう売っていないような形で、人からすると少し古いデザインだったのかもしれませんが、私にはむしろ目新しく感じ、すっかりその車にほれ込んでしまいました。
内装も外装もキレイで、前の使用者の方が大事に乗っていたのだろうと言うことが分かりました。
また、販売業者さんも丁寧な姿勢の方だったので、その場で購入を決断しました。
その車は結局10年近く乗り、今はもう別の車に乗り換えてしまいましたが、本当は手元に残しておきたかったくらいとても思い入れ深い車です。

初心者には最高の乗り物ミラについて

僕が初めて購入した車がミラです。なぜ車が必要だったかというと、当時大学生の僕はバスで通学をしていました。梅雨時期になるとバスでもバス停に行くまでに濡れてしまします。そんな状態で講義にでると集中ができません。なのでどうしても車が欲しくてたまりませんでした。しかし、学生な僕はだったのでお金が無く安い車しか購入出来ませんでした。そのときの安い車はミラでした。実際は30万円ほどで購入しました。少し値引きをしてくれました。更にオプションでバッテリー、ワイパーのゴム、足マット、オイルを新品に取り替えてくれたりとかなりサービスをしてくれました。当時、春の時期で新生活応援イベントをしていてオーディオも当たりそのまま工賃を無料で取り付けてくれたりして対応してもらいました。実際にミラに載ってみるとコンパクトなので駐車がすごくしやすく、Uターンもらくらくで運転初心者が乗るにはうってつけの車になると思います。僕は大満足です。